フレイアクリニック クーリングオフ

フレイアクリニックの契約の流れは?? クーリングオフできる?

フレイアクリニックも条件を満たしている契約であれば、クーリングオフはできます。
クーリングオフ制度とは、契約において契約から8日以内であれば契約を解除することができる制度のことを言います。
フレイアクリニックの契約の流れは、他のクリニックとも特に変わったところはなく、大体同じ流れです。
受付→問診表記入→女性スタッフとの入念なカウンセリング→医師の診察→契約という5つのステップの流れになります。
クーリングオフの条件は、4つ。
契約の内容が1ヶ月以上となる契約であること。
契約金額が5万以上であること。
施術を1度も受けていないこと。
契約から8日以内であることです。
注意するポイントは8日以内ということ!!8日以内だし、クーリングオフしたいと思い立っても、すぐにクーリングオフできるわけではないのです。
8日以内に消印となるように、簡易書留が特定記録郵便にて「契約解除通知書」を送らなければなりません。
「契約解除通知書」は契約の際にいただけるものではありません。
はがきに必要事項を記入して、自分で作成するものです。
はがきの表面には、クリニック店舗の住所・クリニック名称と店舗名を記載し、はがきの裏面には“1番上の真ん中に大きい字で”「契約解除通知書」と記載します。
その下には、契約日・契約クリニック名・契約コース・契約金額を記載し、「上記の契約を解除致します」と氏名・住所・振込口座を記載しておきます。
作成したはがきはコピーを自宅保管しておきます。
このはがきを簡易書留か特定記録郵便でクリニックに送り、8日以内に消印されることで、クーリングオフが可能です。
ローンでの契約であれば、ローン会社にも同じはがきを作成し、送る必要があります。
契約は、その場で決める必要はありません。
無料カウンセリングを受けて帰宅後にゆっくり考えて決断することが可能です。
その場で契約したい場合には、現金、クレジットカード、印鑑があれば対応してもらえます。
ローンでの契約の場合は、身分証明できるもの、キャッシュカード、銀行印があれば契約が可能です。
フレイアクリニックの無料カウンセリングでは、希望にあったプランの説明や脱毛部位ごとに起こりうるリスクについての説明、リスク予防のためのケアの方法、料金についての説明、施術に関するフォロー体制の説明、途中解約の返金についての説明がされます。
フレイアクリニックは途中解約手数料無料ですので、施術が身体に合わなかったり諸事情により解約する場合にも、安心です。
施術を行わなかった分の金額は返金されます。
クーリングオフはどんな契約にも法としてある制度なので関わってきますが電話1本でできる方法ではありません。
クーリングオフをすることも早めの行動が必要となりますし、気に入らなければクーリングオフしたらいいやという安易な考えでの契約は大変危険です。