フレイアクリニック 妊娠,フレイアクリニック 授乳中

妊娠中や授乳中は脱毛できる?? 注意するポイントは?

フレイアクリニックを含め、ほとんどのサロンやクリニックは妊娠中の脱毛施術はすることができません。
妊娠初期は、自分の妊娠に気づいてなく、脱毛施術をしていた!!というケースもよくありますが、妊娠中に脱毛施術をしていたからといって胎児に影響があるわけではありません。
胎児に影響がないのに、なぜ妊娠中の脱毛施術はできないのでしょうか。
施術できない原因とされるポイントは3つです。
1、妊娠中の施術は、脱毛効果を実感できない2、妊娠の影響により肌が敏感になり肌トラブルのリスクが高まる3、肌トラブルや施術においての治療が必要な際に使用できる薬が限られるということです。
妊娠中は、ホルモンバランスの影響で、身体を守ろうをするため毛の生え方も変わり、ムダ毛の量が増えたり濃くなったりしますので、脱毛施術を行ったとしても残念ながら効果は感じられません。
身体が赤ちゃんを守ろうと、自分を守ろうとしている本能なので仕方ないですね。
肌も敏感になることで、強い痛みを感じやすくなり肌の赤身やかゆみも普段以上に感じられます。
色素沈着の原因にもなります。
赤身や腫れ、痛みが生じた場合にも処方できる薬の種類は限られていますので十分な治療が行えません。
脱毛時に感じる痛みは、自然を身体が力んでしまい子宮収縮にも影響しますので、流産や早産の原因にもなってしまいます。
レーザー脱毛の光は赤ちゃんのいる子宮には届かないので、発育に影響はありませんが、母体に与える影響が大きい為、妊娠中の脱毛施術が行えません。
フレイアクリニックは授乳中の脱毛施術は可能ですが、身体の為にも産後3ヶ月以降であること・生理再開2回目以降であることが脱毛再開時期には望ましいとされています。
授乳中も妊娠中同様、身体への影響は大きく肌へのトラブルや、治療が必要な際にも母乳に影響があることから処方できる薬は限られています。
授乳中もホルモンバランスは乱れ、肌も敏感になり育児により神経も過敏になっており普段とは違うことが大きなストレスとなりやすいことも大きなリスクです。
ストレスにより母乳の出が悪くなることもあるので注意です。
フレイアクリニックの脱毛契約の有効期限は、5回コースが1年。
8回コースは2年となってます。
この有効期限は、この期限内に施術を終えなければならないという期限ではなく、解約時の返金対象の期限です。
フレイアクリニックは、妊娠の際にはこの期限が1年延長となります。
急な妊娠発覚時でも、出産して身体がゆっくり落ち着いてから施術を再開することができるので安心ですね。